きむきむ

  • 愛車BMW・Z4
    愛車・・Z4

ヨメさんのブログ

別荘生活 Feed

2014年5月18日 (日)

ひとり別荘

ヨメさんに「別荘に行くか?」と聞いたら、

「面倒くさいので、行かない」と言う。

月に一、二度の別荘生活は、10年をこえた。

わくわく感は、もうあまりない。日常生活の延長だ。

面倒くさいと思ったら、ヨメさんは行かない。

そういうときは、喜んで私ひとりが行く。

ひとり別荘だ。これが、なかなかいい。

行き帰りは、遠慮なく車の屋根を開ける。

(ヨメさんは、屋根を開けて走るのが嫌いだ。)

別荘では、大音量で音楽を聴いたり、DVDを見たりする。

(ヨメさんと一緒だと、遠慮してやや小さめの音になる。)

自宅でも好き勝手なことをして暮らしているが、

ひとり別荘は、さらに自由で、のびのびできる。

ひとり自宅のヨメさんも、楽でいいと言う。

別荘の思わぬ効用だ。

別荘があると、

いつでも簡単に一人暮らし気分が味わえて楽しいぞ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村

2014年3月23日 (日)

楽しい別荘生活

3連休なので、別荘に来た。

別荘に着いて、レンタルビデオを2本見た。

PSvitaでゲームをした。

本を一冊読み終わった。

今、ブログの更新をしている。

普段自宅でやっていることと何も変わらない。

自宅でやっても楽しいが、別荘でやっても楽しい。

楽しい別荘生活だ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村

2013年11月 4日 (月)

意外な別荘生活の必需品

意外な別荘生活の必需品と言えば、布団乾燥機だ。

たまにしか行かない別荘なので、

布団はたいてい押入れの中に入ったままだ。

久しぶりに出した布団を、

そのまま使うのは、あまり気持ちよくない。

と言って、夕方や夜に到着したのでは、

布団を干している時間はない。

そこで、布団乾燥機だ。これは、重宝する。

特に寒い時期は、布団が暖まって気持ちいい。

ただ、別荘に行くときに、

その都度、布団乾燥機を車に積んで、

また持って帰ってくるのはけっこう面倒だ。

それほど高い物でもないので、別荘用にもう1台買った。

こうやって、1台あればいいのに、

持ち運ぶのが面倒だと別荘用に買ったものが増えていく。

少ない物ですっきり暮らしたいのに、

だんだん物があふれてくる。困ったもんだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村

2013年4月16日 (火)

リタイア後の生活で唯一の誤算だったこと

リタイア生活4年目になる。

ほとんどのことは、リタイア前に考えていた通りだ。

一番のポイントだと思っていた「お金の収支」は、

予定通りで特に問題はない。

ありあまる時間を持て余すかと心配していたが、

これも問題なし。

好きなことを好きなようにやって、毎日楽しい。

さて、唯一誤算だったのが、別荘だ。

リタイアすれば、半分は無理でも1/3ぐらいの時間を

別荘で過ごすのではないかと考えていた。

完全に読み間違えた。

リタイア後、せいぜい月に4~5日しか利用していない。

リタイア前の方が、よく利用していた。

働いていたときは、毎週金曜の夜に別荘に行き、

土曜一日を別荘で過ごして、日曜に自宅に帰るようにしていた。

別荘では、好きな事を好きなようにする。

何もしないでボーっと過ごすときもある。

早い話が、現在のリタイア生活と同じ暮らしだ。

つまり、別荘生活とは、週に一日だけのリタイア生活だったのだ。

だから、別荘に行くのが楽しみだった。

何もしなくてもいいのが、何よりの贅沢だった。

ところが、今は常に何もしなくていい。

別荘に行かなくても、好きなことを好きなようにする毎日だ。

だから、別荘に行く一番の理由がなくなってしまった。

別荘は、リタイア後の生活に備えてのつもりだったのに、

とんだ誤算だった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村

2012年10月28日 (日)

倒木の処理

別荘では、ときどき全く予想外のことが起きる。

今回は、高さ10m以上ある木が別荘の駐車場付近に倒れていた。

別荘のまわりには、けっこう高い木がたくさんそびえているが、

倒れることはめったにない。

めったにないが、強い風が吹けば、ときには倒れる。

それが、今回だ。

ほっとくわけにもいかず、のこぎりで少しずつ切って処分した。

大変だった。

ヨメさんと二人がかりで、汗まみれになって、

木を切ったり運んだりした。

建物に被害がなかったのは、不幸中の幸いだった。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村